生徒さまのお声のご紹介

生徒様のお声と教室風景のご紹介です。

生き残るチカラを持つ仲間が増えていることが何よりうれしいです
皆様いつもありがとうございます

枚方市 M・Hさん(30代女性)

「鹿肉」「猟師」
この2つの単語が無縁の生活をしていましたが、何かピンとくるものがあって、お話会に参加する事になりました。
鹿肉自体初めて食べましたが、オス、メスで味も香りも違っていて、個体差でも変化があると聞いて面白い世界だな、と感じました。市販で売られているお肉は、味に変化があっては困るから、慎重な管理をされています。
でも、それさ不自然な事ですよね。分かっていたけど、それを目の当たりにすると、頭だけの理解だったんだと感じました。

獣害だからと、むやみに殺されて遺体は破棄される。そんな事悲しすぎて普通に嫌だ!と思います。
殺すなら、責任持って食べるところまでやりたいです。
もっと鹿肉が身近になってくれたらなと切に願います

香川県高松市 M・Yさん(40代女性)

○参加した動機

言葉やメッセージに魂感じたからです。

○参加してどうだったか。

表層的な言葉だけでなく、染みついている発信なので、自然と中に入ってきました。
何度でも受講したい。

○先生の印象

ストレートな人。何度会っても最初の印象のまんま。そのまんま、ウソがない方。わかるまで伝えてくれる。

大阪府 S・Tさん(40代女性)

鹿のお肉のバンバンジーをいただきました!

害獣問題がどうして起きているか、鹿の寿命や雌がどのようなサイクルで子供を産むか、など基本的な背景を知れた。
実は美味しく、栄養価が高いこと。さばき方が大切なこと。
実際に食べるととても美味しくて、もっと一般的に手に入るようになれば買いたいと思いました。

初めて知ることが多く、料理も楽しかったけど、学びの時間がとっても面白かったです!
ニュースで害獣被害などについて見ても、身近なこととして感じるようになりました✨

ギャートルズが好きだった身としたら、実際にさばく現場をみるワークショップ?などがあれば行きたいと思いました。

吹田市 L・Tさん(50代女性)

受けた講座は
水キムチつくりと
梅干つくり

です。

 
ご縁あってゆうこさんと知り合い、
どちらとも作ってみたいと前々から思っていたところでの
講座を知ることになり
よいタイミングだったので受けました♪

丁寧に準備されていて
初心者にもわかりやすく進めることができました。

水キムチはその後作ったり作らなかったりしつつ発酵食品を自分で作ることを
楽しんでいます。

いきなりひとりではじめるのは
習慣がないとハードルが高いけれど、
自分でもつくれるのがわかると
取り入れやすいとわかりました。

ありがとうございます。

枚方市 A・Tさん(40代女性)

◆参加した講座
・水キムチ
・どくだみ化粧水
・沢庵
◆動機
・なかなか教えてくれるところがない貴重な講座ばかりだから。
◆感想
・大地の恵みの有り難さと,
昔からある日本人の食の大切さと美味しさ,それが心身健康に繋がる。
そこを思い出させてくれ教われる教室だと感じています。
毎年季節毎に手仕事をしていきたいと思っていますが,その手仕事アイテムが増えて嬉しいです‼︎

枚方市 O・Aさん(30代女性)

○参加した講座名
ドクダミ化粧水、鹿肉料理(冷やし坦々麺・棒棒鹿、ディアシチュー)、味噌作り、醤油作り、塩みりん作り
セイタカアワダチソウ入浴剤作り

発酵食品や自家製の調味料作りに興味はあったけど中々踏み出せなかった所に、たまたま枚方で発酵食品を教えてくれる教室があることを知りました。
しかも季節の手仕事から発酵食品、鹿肉の料理教室まで!!?! 俄然興味が湧いてここに行こうと決めました。
講座の豊富さと自分が興味のある内容が沢山あったのでサイトを見ながらあれもこれも受けたいとテンションが上がりました!

私は人見知りなのでドキドキしてたけど、講師のゆうこさんはとっても明るく気さくな方ですぐ緊張もとけました、いい意味で大雑把なさっぱりした雰囲気なので肩ひじ張らずに学べる場で居心地が良いです♪
でも講座の内容はしっかり濃いものになっていて
発酵食品に関しては単純に作り方だけではなく原理原則をしっかりと説明してくれるので知識を自分のものにして実生活に取り込んでいきやすいです。
発酵、醸造、熟成など普段なんとなく知っているワードの違いなんかも学べます。
味噌とか醤油って完成するまで数ヶ月かかってしまって、実際の出来上がりってどんな感じ?て思ってしまいますが、教室にはゆうこさんが実際に仕込まれた完成した手作り調味料達もあって出来上がりのイメージもとってもつきやすい♪
持ち帰った後も何かあればメールで相談に乗ってくれるので心強い!
仕込んだお味噌と醤油はまだ開封してないので開封するのが楽しみです。食べたいけどもうちょっと置いてみようかな~と開けるタイミングを悩むのも楽しい(笑
期間によって味も変わっていくとのことなので食べ比べもしたいと思っています。

鹿肉料理については興味はあるけど馴染みが無いし、クセがあって食べにくい、固いお肉のイメージでしたが、教えて貰ったちょっとしたコツを守って調理するとめちゃくちゃ美味しいっっ!めっちゃ柔らかい♪
再現しやすい様に簡単なレシピを考えてくれているのにお店みたいな味に仕上がって感動です!
お野菜も有機のもの、調味料もちゃんとしたもので揃えられていて安心♪
坦々麺、棒棒鹿、ディアシチュー全部美味しかった~♪
和気あいあいと調理してお喋りしながら美味しいご飯をお腹いっぱい食べてとても幸せな時間が過ごせました!!
鹿肉の栄養とかジビエについて、狩猟の簡単なお話もしてくれます。鹿肉が栄養の面でこんなに魅力的な食材だったなんて驚きました!
猟師でもあるゆうこさんの鹿肉への愛情と情熱が詰まったお話で知らない世界に触れられて楽しかったです♪
実際に鹿肉を購入して自宅で調理はまだ出来てないですが、他のお肉でレシピは再現しました笑笑
美味しかったけどやっぱり鹿肉で食べたい~!!て思ったので鹿肉を購入して作ります!
他の鹿肉料理も学びたいし食べたいので鹿肉料理はもちろん発酵系の座学とか興味のある講座はまだまだうる!学びやすい様にコースで提供されると聞いたので是非参加させていただきます♪

枚方市 Y・Aさん(50代女性)

参加した講座
・麹のワークショップ
私自身も枚方市で「紡ぎや」という発酵料理教室の講師をしており、その発酵食の講座の最初の生徒さんが平岡さんでした。そこから意気投合し仲良くさせていただいています。出会ったときは生徒さんだった平岡さんが今やジビエ料理コンテストで農林水産大臣賞を受賞するほどの方になられるとは。。。!!
自分以外の他の講師の方から改めて発酵や麹についてまとめて話をきいてみたくて参加させていただきました。
座学はとても見やすくわかりやすくまとめた資料を見ながら、自分とはまた違った視点からの説明や知らなかったことなども知ることが出来て、勉強になりました。
講師の平岡さんのはきはきとした話し方や小さいお子さんがおられるのに積極的に勉強したりいろんなことをされたりしている姿に感心しいつもエネルギーをもらえています。

・鹿肉の料理教室「鹿カツ」
猟師でもある平岡さんの目線から鹿肉の魅力、日本人と鹿肉との歴史、今後の展望まで語りまくる熱い講義でした。鹿肉のうんちくもたくさん聞けて面白かったです。
私は以前にレストランでいただいた鹿肉料理があまりおいしくなかったので鹿肉はおいしくないものだと思い込んでいました。
でも、平岡さんの作ってくれた「鹿カツ」も農林水産大臣賞を受賞した「棒棒鹿」もとてもおいしくて、猟をした後の処理や調理の仕方でずいぶんおいしさが変わるものだとびっくりしました。農作物の被害をもらたらす害獣だから猟で減らす必要があり、その失った命に感謝しつつ最後までおいしくいただきたい、栄養のある鹿肉の美味しさをもっとたくさんの人に広めたい!という熱い思いはどーんと伝わってきました。
美味しい鹿肉料理をいただいてみて、私ももっと多くの方に鹿肉のいい効果と美味しさが広がるといいなと思います。

ゆうこちゃん、いつも熱い講座をありがとう!
鹿肉も食べたいのでたくさん流通するよう頑張ってください!

守口市 E・Mさん(30代女性)

○鹿肉の冷やし坦々麺と棒棒鹿
○鹿肉料理に興味があったのと料理教室的な集まりに興味があったから。
○開催場所が自宅のマンションの1室だったのにまず驚きました。
人数も少人数で皆さん親しみやすくレシピもわかりやすくてとても楽しかったです!!
鹿肉と野菜を切る包丁、まな板を別々にするなど徹底していたのにびっくりしましたが綺麗に整理されてた事もあって調理台のスペースも広く作業しやすかったので初めてでも困る事なくできたのがよかったです!!
○鹿肉にますます興味が出てきたのですが子供達もいるのでこれといって何か変わった事はありませんがまた教室に参加したいと思っています。
グルテンフリーを使った料理にも興味があるのでまたお教室開いていただきたいです!!

枚方市 S・Iさん(60代女性)

◆講座名◆
シカ肉料理教室

◆動機◆
私のサロンの二階に面白い講座される方が来られたなと、そしてヨモギ蒸しを受けに来てくださった時に色々お話出来て、タイミング合うときにお願いして講座を受けることが出来ました。

◆感想◆
私も健康重視の美容と健康を提案させていただいてますが、食は本当に大事で何を食べてきたかで、その人の人生にも関わる位と思っています。
鹿肉は、何度か食したことあっても手軽に手に入る食材ではないので自分で料理するという発想はなかったです。
害獣として処理されてる現状や、栄養価も優れている素晴らしい肉という事はこの講座で知りました。
棒々鹿とかつを頂きましたが、全然臭みもなく、ヘルシーの名の通り脂っこさがなく箸が止まらない美味しさでした。
私も最近食材自体、知れば知るほど野菜もお肉もスーパーでは、ほとんど納得いかなくなってきてますが、野生の鹿さんのお肉も普通に買えるようになってほしいです。
平岡さんは、猟師もされていて女性ではまだまだ数少ないジャンルの専門家と思いますが、気さくにお話して頂いて、これからも情報交換できたら嬉しく思います。
宜しくお願いします。

大阪市 H・Nさん(50代女性)

○参加した講座名
水キムチ教室

○参加した動機
以前から水キムチに興味があり、一度作ってみたいと思っていた

○参加してみて、どうだったか
めちゃめちゃ楽しかった💕
平岡先生がジビエや発酵の話等してくださるのを聞いているのがとても楽しくて水キムチを作る手が止まるくらいでした。

○その後について
家での水キムチ作り一度目は成功して二度目は失敗(腐敗)してしまったので、その後は作ってないです。
平岡先生からジビエのお話を聞いて次はジビエ料理教室に参加したいと思いました。

東大阪市 A・Fさん(20代女性)

✨講座名:シカ肉料理教室

✨母が「鹿肉の料理教室あるから行ってみない?」と誘ってくれて、鹿肉食べたことがなかったので興味があり参加しました。

✨参加するまでは、鹿に対する問題のあれやこれやを知らなかったので、大変勉強になりました。

その時の料理でバンバンジーを頂いたのですが、めちゃくちゃ美味しかったです!!

鹿肉=臭みがあると思っていたので、何か特別な調理方法とかがあるのかなと考えていましたが、普通に自宅でもできそうだったので嬉しかったです。(毎日食べたくなるほど美味しかったので)

あとは、先生がめっちゃ細くてスタイル良かったのが羨ましかったです!
鹿を捕りに行く程なので、何かトレーニングなどしていらっしゃるのかな?とは思いますが・・・💦
是非 鹿肉を使ったダイエットメニューなどあれば教えていただきたいです!

東大阪市 F・Fさん(50代女性)

沢庵づくり
ずっと前からタクワンを作ってみたくて、本を買い見ていると、いろいろな疑問が出てきて聞くことが出来ないし
リアルでみんなと一緒に作ると楽しいのでは?と思いぽけっとさんに行かせていただきました。
たくわんを作るなんて初めての経験でワクワクしました
ぽけっと(平岡さん)は若いのに色々なことを知っていて、わかりやすさはピカイチです
主人も『タクワンまた作ってな』と大喜び(笑)でリクエストされてますが
まだまだ1人では作れないので又教室に行かせていただきたいと思います

徳島県三好市 M・Tさん(60代女性)

高松で先生のもろみ作りのワークショップを受けさせていただいたのが、
先生とのご縁の初めでした。

ステキな先生だなあ~と思って名刺交換をさせて頂きました。

その後、大阪で先生が糀や発酵食品の座学やワークショップをされていることを知り、すぐにお願いしました。
先生の糀や発酵食に対する知識の深さや徹底した探求心などにすごく魅かれて、次々と講座を受けさせていただきました。

その後先生がシカの猟師さんの免許を持たれていることやシカ肉料理教室なども開催されていること知ってその行動力に関心してしまいました。
昨年は鹿肉料理でも大活躍で農林水産大臣賞まで受賞されて、私もとてもうれしかったです。

先生からもっともっと学びたいと思っていた矢先コロナになりなかなか大阪にも出ていけなくなってしまいましたが、収まり次第、また先生のいろんなイベントに参加したいと思っています

東大阪市 F・Fさん(50代女性)

シカ肉料理教室に参加しました
数年前、丹波篠山のシカ肉料理専門店の柔らかく美しいシカ肉が忘れられず、ぽけっとさんでシカ肉料理教室をやっていることを知り興味がわきました。
シカ肉料理研究家で発酵マイスターの平岡さんは、料理の仕方だけでなく、シカ肉の特徴や栄養成分、日本人とシカ肉の歴史などをとてもわかりやすく説明してくださったので、すごく勉強になりました。
シカ肉は本来料理が難しく、硬くなりがちですが、柔らかく作るコツなどを知り、出来上がったシカ肉を食べてとても感動しました
家でもやってみたかったのですが、まだまだ販売されている所が少なくどんなお肉がいいのかわからないので、ぽけっとさんで早く販売などしてもらえると嬉しいです。

枚方市 O・Tさん (50代男性)

○参加した講座名: まるごと鹿講座

○参加した動機
 元々狩猟や料理には興味あったので。
 ご自身で猟をし、解体、精肉、調理までなさる方の講義と言う全国でも珍しい料理教室が すぐ近くにあったと言う偶然に感謝です。
 
○参加してみて
 枝肉状態の鹿を解体するという機会はまず他では無く、普段料理に使用している肉類の成り立ちを垣間見えた体験は非常に興味深いものです。
 料理教室に年配の男性と言うのは珍しいと思いますが、平岡先生には分け隔てなく接してご教示いただいています。
 とてもご自身を正直に表現なさる方と言う印象で、鹿に対する並々ならぬ情熱が伝わります。猟に興味がある男性の方なら「ひと狩り行こうぜ(リアル)」と言うお誘いを受けるかも(笑)。
 あと、本当に美味しそうに食事をなさる方で、それも必見です(笑)。
 
○その後について
 単純に美味しい、残酷、珍しい云々といった話だけでなく、我々が食材を頂くまでの背景には非常に難しい問題と多くの労力がある事、頭では分かっていても それを超えるものがあると分かってきます。実際に御自身で現場で体験した上でお話しいただけるので、机上の空論ではない、説得力のある講義が受けれます。
 あと信頼できる鹿の精肉入手方法などもアドバイスいただき、大変ありがたいです。

高槻市 M・Nさん(50代女性)

参加しら講座名
➡︎見えない世界のお話会

参加した動機
➡︎ワタシ自身、昔からずっと‘見えない世界’などのジャンルが大好きなので、Facebookイベントページから見つけて、何の繋がりも無かったけれど、勇気と好奇心だけで出向かせて頂きました。

参加してみて、どうだったか
➡︎お話会は面白かったです♪
ただ、行ってみて本来は‘発酵’と‘ジビエ’をメインにしてらっしゃる工房だと知りました。
オーナーさんは、まだオムツをしている赤ちゃんを抱えた若いママさんである事に驚きました。
でも、お話会の中でオーナーゆうこさんが、見えない世界のお話も、菌の世界も同じだと思うって意見を喋っていた時の、彼女の‘熱さ’を見てオーナーとして起業するに相応しい♡と納得出来たことが印象に残っています。明るくて真っ直ぐで、パワフルなゆうこさんの魅力を知った1日でした♪

その後について
➡︎Facebookで繋がって以来、ゆうこさんが
山に鹿を撃ちに行ったり、農林水産大臣賞をとったり、子育てに奮闘したり、家族と共に葛藤しながら成長する様を、赤裸々に投稿されてるのを見ていて、嘘や建て前のないなんて真っ直ぐな女性だろう✨と思っています。
彼女はただ『やりたいと心から思うことを行動している』だけなんだなぁ〜♡
でも、ただ真っ直ぐなだけじゃなくて、彼女が
活躍している秘訣は‘他人の意見を求める姿勢’だと思います。アドバイスをちゃんと主査選択して、取り入れ変化する柔らかさがある。
ワタシは同じ女性として、そんなゆうこさんって
とても素敵だと思うし大好きです。
出逢いにありがとう